こんな借金をしてはいけない!お金の特徴とは?

長い人生、様々な理由によって、時にはお金に困ってしまうようなこともあるでしょう。そんな時には、あまり望まないことだけれども借金をせざるを得なくなることもあるものです。しかし、そんな借金にも二種類あります。してもいい借金と、してはいけない借金の二つです。
していいか、してはいけないか、借金の運命の分かれ道とは、自分の返済能力にかかっています。その借金が返済能力の範囲内であれば、してもいい借金である と言えるでしょう。しかし返済能力を超えてしまうのなら、絶対に借金してはいけません。なぜなら、そんな借金は借りても返せなくなってしまうに決まってい るからです。
しかし、「自己の返済能力を超える借金をしてはいけない」ということは、今更言うまでもないほど当たり前の常識です。いちいち誰かに言われなくても、みん な知っていることです。そんな常識をこの場で敢えて強調するのは、実は、そこに見落としやすい大きな落とし穴があるからです。
その落とし穴こそが、「自分で自己の返済能力を正しく把握することは意外に困難である」ということなのです。たとえば本当は50万円くらいの返済能力しか 持っていない人でも、「100万円くらいならば大丈夫だろう。何とか返済できるに違いない」と甘く考えてしまうのです。

借金解決サイト借金アディオス|人生を再スタートする為にではこの点も深く追求しています。
しかし、「何とか返済できる」では駄目なのです。そもそも事前の返済計画というものは、「何とか」ではいけません。そうではなく、「余裕を持って返済でき る」であってこそ、本当の返済計画と言えるのです。このポイントをしっかりと押さえていないと、自己の返済能力を超えた借金を背負ってしまうことになるの です。
人生、明日は何が起こるか分かりません。予想外の出費が嵩んで金欠に陥ることは幾らでも考えられます。そんなピンチの時でも、返済約定日には十分な口座残 高がなければならないのです。そのためには、常日頃から余裕のある返済をしていなければならない、ということなのです。とにかく借金とは、借りるのは簡単 でも返すのは難しいのです。


コメントを残す