お金を借りるときに絶対に読んでおくべき借金する時に大切な心構えとは?

誰かからお金を借りるということは、その人にきちんと返さなければならないという責任を負うことでもあります。これはもちろん、金融機関からの借金でも同様です。借りたお金は期日を守って元金に利息をプラスして返さなければならないのです。
それゆえこれから実際に借金をする人は、その責任をしっかりと自覚することが肝心です。そうした心構えが十分に出来てから、借り入れを行うべきです。もし も中途半端な心構えで借り入れを実行すれば、その分、返済トラブルを起こす危険が高くなってしまうと考えるべきです。実際、金融事故を起こしてしまった人 の多くは、事前の心構えが不十分だったと言われています。
ところで借金というものは、十分に余裕を持って返せる金額だけを借りるのが基本です。無理にそれ以上借りてしまうと、たとえ借りられても返済に苦しむだけです。だから多額の借金を背負ってはいけないのです。しかし現実的に考えると、そうとばかりも言ってはいられません。
人生、時には限界ギリギリの金額の借金をしなければならないようなこともあるでしょう。たとえば、「返済は苦しいけど、借りなければ店が倒産してしまう」というようなケースです。そんな時には意を決して借りることになるでしょう。
そんなギリギリの借金を背負う時には、是非、以下の心構えを持つべきです。それは、「気をしっかり持って返済の覚悟を固める」ということです。そして借り た後の返済においても、「気をしっかり持ってコツコツ返す覚悟を持ち続ける」のです。このように「気をしっかり持って」ということが、実は非常に大切なポ イントなのです。
なぜなら限界ギリギリの返済は多かれ少なかれ、その人の心を不安定にさせてしまうからです。すると「返済ノイローゼ」や「返済うつ」のような状態に陥る危 険が出てくるのです。もしも苦しい返済中にうつやノイローゼなど発症してしまったら大変です。最悪、金融事故確定となってしまいます。ですから、「完済の その日まで気をしっかり持つ」という心構えをしてから借金に臨みましょう。


コメントを残す