借金はただ返すだけではダメ!自己破産しない為の借入の心得

借金やローンというとネガティブなイメージがつきまといます。
それは厳しい言い方かもしれませんが、無計画に借りて返せなくなって困っている人が周りに迷惑をかけて、そういう印象を強くさせてしまったから
かもしれません。
ちゃんと節度ある借り方をして計画的に返済して上手にローンを利用している人もいます。
そういう意味では住宅ローンは家賃とも考えられますし、通常の借金とはちょっと違うかもしれません。
ここでは間違った使い方をして借金生活になってしまった例を紹介しつつ、どう回避すればよかったかを考察していきたいと思います。
平均よりも年収が少し高い方の方が見栄を張ってしまって老後破綻の危機が多いなどそのようなニュース記事も最近読みましたが、見栄というのは恐ろしい
ものです。

債務整理の理由は収入以上の生活をすること

誰しも、自分をより良く見せたいという気持ちはありますが、それが強すぎると、身の丈以上の生活を手離すことができなくなります。
クレジットローンがかさんで、返せなくなったから、銀行でお金を借りて一括返済して今度は銀行に返済をするという方法で一時的に解決しても、また新たな出費はクレジット払いをしてしまいます。
結果的に銀行に返済、クレジット会社数社に返済・・・とどんどん多重債務の道を突き進んでしまいます。
ぎりぎり返済できて生活もできている状態だからいいとそういう意識ではいつまでもそのような借金生活からは抜け出せません。
返しつつ、さらにどこか出費を減らす、余らせるお金を作るということをしない限り、現状維持が続くだけなので、借金は減っても出費が変化なくある以上結局プラスマイナスは変わらないということになります。
シンプルに考えますと、借金を作ってしまったということは、身の丈以上にお金を使ったということです。
自分の収入の範囲内に出費が収まれば借金は増えることはありません。
返しているからいつか終わるではダメなのです。
返しながら、余るお金を作る、ようは貯金をするということですが、それができて初めて借金は順調に減っている、いずれ終わると安心できるのでは
ないでしょうか。

1

株式やFXなどの損失で債務整理をする時に気を付ける事

投資活動の失敗で自分の資産を大きく毀損させてしまう方が大変多いようです。

株式投資にしろFXにしろ大変多くのリスクがありますので、その中でいかに自分の大切な資産を守っていくかは大変重要な問題です。ギャンブルや過度の浪費等が自己破産の免責不許可事由に該当する事は大変よく知られています。

し かし、最近の株式ブーム等の影響で多くの方が投資活動を行っています。パソコンやスマートフォンで気軽に投資を行っていけるという事はとても素晴らしい事 ですが、やはりそこにはギャンブル等と同様に大変な中毒性も存在しますので、その点に関しては十分な注意を持って投資を行っていく必要があります。

投資の世界は大変リスキーです。普段多くの方は株式投資等の投資の失敗は免責不許可事由になるとはわからずに投資を行っています。株式投資の信用取引やFXの高いレバレッジ等は大変多くの危険性が伴います。一瞬の判断ミスで大変多くの損失を計上する事も当然考えられます。

慌てて反対売買を行っても時既に遅しで多くの損失を計上している事も考えられます。そのような時に自分の資産をなくし、あえなく自己破産の選択肢を選ぶ方もいます。

しかし、多くの方にとって資産運用のつもりで行った投資が投機となる事は十分に考えられるのです。まずは冷静に反省を行って専門家に相談を行っていきましょう。

専門家に関しては債務整理の事務所を紹介しているサイトでも下記のように述べられています。

上記の事からも債務整理を行うときには法律事務所の選び方が非常に重要だという事が分かります。

また、東日本大震災で被災された方に関しては個別で弁護士費用がかかることがなく手続きを進めてもらう事も出来ます。

金融庁のホームページでは下記のように記されています。

●ガイドラインをご利用いただくことにより、法的倒産手続による個人信用情報の登録などの不利益を回避できます。

●国の補助により弁護士費用(注)はかかりません。

(注)下記の運営委員会に登録された弁護士の費用に限ります。

●手元に残せる現預金の上限が、500万円を目安に 拡張されています。

●東日本大震災関連の義捐金は、上記500万円とは別に手元に残すことができます。

引用参考:個人債務者の私的整理に関するガイドライン」のお知らせ: 金融庁

債務整理のガイドラインに則って手続きをする事で不利益を回避できますので参考にしてみてください。

金額等に応じてとりうべき措置は変わっていきますが、やはり、自己破産よりも個人再生を選択する方が大変多いのが現実です。

このような事態になる前にきちんとした知識を持って適切な投資を行っていく事はとても重要な事です。普段からいかに無理と無駄なく仕事を行っていくかが大変重要な事となります。人生において人間は常にお金と向き合って生きていきます。

しかし、きちんと素晴らしい金銭管理を行っていく事は大変重要な事ですので、その点を考えて適切な収入と支出の管理を行っていかなければなりません。個人再生はまたマンションや住宅等を保有し、それを失いたくない方にとっても大変重要なっ手段となります。

中高年のサラリーマンにとってリストラの危機に晒されながら日々の生活を頑張っていく事は大変な事となります。少しでも安心して大切な家族を守っていきたい方にとっては常に自分らしい生活を頑張っていく事が大変重要な事となります。

常にきちんとした人生を考えて適切な自分らしい人生を送っていく事がとても重要な事となりあます。

今後の人生の為にも債務整理はなるべく早いタイミングで行おう

債務整理は大変重要な方法です。素晴らしい時間を楽しんでいくにはそれ相応の収入は当然重要な事となります。

し かし、自分の欲望や欲求を満たすにはやはり節度のある金銭管理が大変重要な事となります。素晴らしい収入とやり甲斐をもって日々の人生を送っていてもやは り、万が一は人生において当然ありえるのです。債務整理は最近では大変多くの方が経験する事です。債務整理を行なう際は大変な思いをする事が多いのは当然 です。

金銭は誰にとっても大変重要なものです。自分で節度ある収入と支出の管理は大変重要な事となります。

しかし、本当に債 務整理となりそうな時は是非、専門家にきちんと相談を行っていきましょう。弁護士等は過去、色々な事例を見てきています。まずは無料相談を行っていく事が 大変重要な事です。信頼して安心して任せられる弁護士等をきちんと相談を行っていく事で自分の人生の再出発を安心して行っていく事ができます。

その際は自分が債務超過に陥った理由等をきちんと話して、適切な方法を選択する事が大変重要な事となります。自己破産や個人再生等、選択する方法は沢山あります。自分らしい選択肢を選んでいく事で素敵な時間を楽しんでいく事ができるのです。

住宅やマンション等の個人資産を持ち、まだそれを手放したくない方等、色々な事情の方が多いはずです。その中で自分らしい方法をきちんと模索していきましょう。

必ず、復数の専門家に相談を行っていくべきです。是非、多くの方の話を聞いて、相性の良い専門家の意見を取り入れて最適な弁護士の意見を聞くようにしていきましょう。場合によっては大変長期間に渡る場合もあるのが債務整理です。

精神的な面でも大変な場合があるので、その点からしても安心して任せられる弁護士をきちんと探していく事が大変重要な事となります。

是非、一度しかない再起のチャンスを存分に楽しんでいきましょう。金銭は大変ナイーブな問題です。しかし、債務を長期間放置する事が一番精神的にもプラスにはなりません。自分の為に可能な限りの努力をしていきましょう。

 


コメントを残す