借金を返しきれなくなったら債務整理に頼ろう

借金をしても返済できるようであれば問題はありません。

しかし、自分では支払えると思って借りたお金を返せなくなったら借金は膨らむばかりです。

借金が払えないとなってしまったら、悩んでいても解決できませんから債務整理をしましょう。

一口で債務整理といっても債務整理には4つの方法があります。

債務整理と聞いてもっとも多くの方が頭に思い浮かべるのが自己破産です。

自己破産をすれば借金を帳消しにすることができますが、財産を手放さなければいけないという問題があります。

二つ目の方法は任意整理です。

 

2

任意整理をすれば借金の残高をかなり減らすことができますし財産をとられることはなく、裁判所の手続きも必要ありません。

しかし借金の額はなくなったわけではありませんし、信用情報に名前があるために7年間はカードが作れません。

三つ目の方法は民事再生です。

民事再生をすれば借金の元金を減らすことができますので、返済金が高くて返済が滞っていた方も払い続けられる返済計画をたてることができます。

しかし住宅ローンは民事再生で減額することはできません。

そして四つ目の方法は過払い金返済請求です。

サラ金などは法律で決まっている以上の金利でお金を化していることも多いです。

ですから返済金について計算してみますと、実は払いすぎていたということはよくあります。

過払い金返済請求をすれば、借金がなくなるだけでなく払いすぎていたお金が戻ってプラスになることもあります。

しかし過払い金返済請求をすることによってそのサラ金会社と取引はできなくなります。

このように債務整理にはいくつかの方法がありますが、それぞれ良い点も荒れば悪い点もあります。

初めて借金が返せなくなる事態になってしまったという方は、債務整理をすべきなのか、債務整理をするとしてもどの方法を選ぶべきかで迷ってしまいあmす。

どうしたらよいかわからない方は、まずは法律事務所で相談して専門家のアドバイスを受けましょう。


コメントを残す