Browse Author

imada

借金はただ返すだけではダメ!自己破産しない為の借入の心得

借金やローンというとネガティブなイメージがつきまといます。
それは厳しい言い方かもしれませんが、無計画に借りて返せなくなって困っている人が周りに迷惑をかけて、そういう印象を強くさせてしまったから
かもしれません。
ちゃんと節度ある借り方をして計画的に返済して上手にローンを利用している人もいます。
そういう意味では住宅ローンは家賃とも考えられますし、通常の借金とはちょっと違うかもしれません。
ここでは間違った使い方をして借金生活になってしまった例を紹介しつつ、どう回避すればよかったかを考察していきたいと思います。
平均よりも年収が少し高い方の方が見栄を張ってしまって老後破綻の危機が多いなどそのようなニュース記事も最近読みましたが、見栄というのは恐ろしい
ものです。

債務整理の理由は収入以上の生活をすること

誰しも、自分をより良く見せたいという気持ちはありますが、それが強すぎると、身の丈以上の生活を手離すことができなくなります。
クレジットローンがかさんで、返せなくなったから、銀行でお金を借りて一括返済して今度は銀行に返済をするという方法で一時的に解決しても、また新たな出費はクレジット払いをしてしまいます。
結果的に銀行に返済、クレジット会社数社に返済・・・とどんどん多重債務の道を突き進んでしまいます。
ぎりぎり返済できて生活もできている状態だからいいとそういう意識ではいつまでもそのような借金生活からは抜け出せません。
返しつつ、さらにどこか出費を減らす、余らせるお金を作るということをしない限り、現状維持が続くだけなので、借金は減っても出費が変化なくある以上結局プラスマイナスは変わらないということになります。
シンプルに考えますと、借金を作ってしまったということは、身の丈以上にお金を使ったということです。
自分の収入の範囲内に出費が収まれば借金は増えることはありません。
返しているからいつか終わるではダメなのです。
返しながら、余るお金を作る、ようは貯金をするということですが、それができて初めて借金は順調に減っている、いずれ終わると安心できるのでは
ないでしょうか。

1

株式やFXなどの損失で債務整理をする時に気を付ける事

投資活動の失敗で自分の資産を大きく毀損させてしまう方が大変多いようです。

株式投資にしろFXにしろ大変多くのリスクがありますので、その中でいかに自分の大切な資産を守っていくかは大変重要な問題です。ギャンブルや過度の浪費等が自己破産の免責不許可事由に該当する事は大変よく知られています。

し かし、最近の株式ブーム等の影響で多くの方が投資活動を行っています。パソコンやスマートフォンで気軽に投資を行っていけるという事はとても素晴らしい事 ですが、やはりそこにはギャンブル等と同様に大変な中毒性も存在しますので、その点に関しては十分な注意を持って投資を行っていく必要があります。

投資の世界は大変リスキーです。普段多くの方は株式投資等の投資の失敗は免責不許可事由になるとはわからずに投資を行っています。株式投資の信用取引やFXの高いレバレッジ等は大変多くの危険性が伴います。一瞬の判断ミスで大変多くの損失を計上する事も当然考えられます。

慌てて反対売買を行っても時既に遅しで多くの損失を計上している事も考えられます。そのような時に自分の資産をなくし、あえなく自己破産の選択肢を選ぶ方もいます。

しかし、多くの方にとって資産運用のつもりで行った投資が投機となる事は十分に考えられるのです。まずは冷静に反省を行って専門家に相談を行っていきましょう。

専門家に関しては債務整理の事務所を紹介しているサイトでも下記のように述べられています。

上記の事からも債務整理を行うときには法律事務所の選び方が非常に重要だという事が分かります。

また、東日本大震災で被災された方に関しては個別で弁護士費用がかかることがなく手続きを進めてもらう事も出来ます。

金融庁のホームページでは下記のように記されています。

●ガイドラインをご利用いただくことにより、法的倒産手続による個人信用情報の登録などの不利益を回避できます。

●国の補助により弁護士費用(注)はかかりません。

(注)下記の運営委員会に登録された弁護士の費用に限ります。

●手元に残せる現預金の上限が、500万円を目安に 拡張されています。

●東日本大震災関連の義捐金は、上記500万円とは別に手元に残すことができます。

引用参考:個人債務者の私的整理に関するガイドライン」のお知らせ: 金融庁

債務整理のガイドラインに則って手続きをする事で不利益を回避できますので参考にしてみてください。

金額等に応じてとりうべき措置は変わっていきますが、やはり、自己破産よりも個人再生を選択する方が大変多いのが現実です。

このような事態になる前にきちんとした知識を持って適切な投資を行っていく事はとても重要な事です。普段からいかに無理と無駄なく仕事を行っていくかが大変重要な事となります。人生において人間は常にお金と向き合って生きていきます。

しかし、きちんと素晴らしい金銭管理を行っていく事は大変重要な事ですので、その点を考えて適切な収入と支出の管理を行っていかなければなりません。個人再生はまたマンションや住宅等を保有し、それを失いたくない方にとっても大変重要なっ手段となります。

中高年のサラリーマンにとってリストラの危機に晒されながら日々の生活を頑張っていく事は大変な事となります。少しでも安心して大切な家族を守っていきたい方にとっては常に自分らしい生活を頑張っていく事が大変重要な事となります。

常にきちんとした人生を考えて適切な自分らしい人生を送っていく事がとても重要な事となりあます。

今後の人生の為にも債務整理はなるべく早いタイミングで行おう

債務整理は大変重要な方法です。素晴らしい時間を楽しんでいくにはそれ相応の収入は当然重要な事となります。

し かし、自分の欲望や欲求を満たすにはやはり節度のある金銭管理が大変重要な事となります。素晴らしい収入とやり甲斐をもって日々の人生を送っていてもやは り、万が一は人生において当然ありえるのです。債務整理は最近では大変多くの方が経験する事です。債務整理を行なう際は大変な思いをする事が多いのは当然 です。

金銭は誰にとっても大変重要なものです。自分で節度ある収入と支出の管理は大変重要な事となります。

しかし、本当に債 務整理となりそうな時は是非、専門家にきちんと相談を行っていきましょう。弁護士等は過去、色々な事例を見てきています。まずは無料相談を行っていく事が 大変重要な事です。信頼して安心して任せられる弁護士等をきちんと相談を行っていく事で自分の人生の再出発を安心して行っていく事ができます。

その際は自分が債務超過に陥った理由等をきちんと話して、適切な方法を選択する事が大変重要な事となります。自己破産や個人再生等、選択する方法は沢山あります。自分らしい選択肢を選んでいく事で素敵な時間を楽しんでいく事ができるのです。

住宅やマンション等の個人資産を持ち、まだそれを手放したくない方等、色々な事情の方が多いはずです。その中で自分らしい方法をきちんと模索していきましょう。

必ず、復数の専門家に相談を行っていくべきです。是非、多くの方の話を聞いて、相性の良い専門家の意見を取り入れて最適な弁護士の意見を聞くようにしていきましょう。場合によっては大変長期間に渡る場合もあるのが債務整理です。

精神的な面でも大変な場合があるので、その点からしても安心して任せられる弁護士をきちんと探していく事が大変重要な事となります。

是非、一度しかない再起のチャンスを存分に楽しんでいきましょう。金銭は大変ナイーブな問題です。しかし、債務を長期間放置する事が一番精神的にもプラスにはなりません。自分の為に可能な限りの努力をしていきましょう。

 

自己破産を行なう際は精神的な面においても注意が必要です。

多くの方にとって素晴らしい人生を歩んでいく為には大変重要なのが金銭です。最近では素晴らしい人生の為に収入をきちんと配分していく事や将来に向けて資産運用を真剣に考える事の重要性は言われています。しかし、就職や結婚等の人生における様々なステージを超えていく中で金銭は本当に重要な問題となります。少しでも多くの金銭的な問題から自分を解放させていくにはやはり堅実な生活を送っていく事は大変重要な問題となります。是非、多くの素晴らしい毎日を金銭的に満足していく事を考えていきましょう。しかし、楽しみを十分に求めすぎて堅実な生活を送れなくなる事はとても大変な問題となります。人生には大変多くの不確実な不要素が大変多いです。少しでも普段の生活を安心して楽しんでいく事を考える事は大変重要な事となります。

 

3

金銭に困窮する事は大変多いです。特に住宅や子供を持ってからは出費の額が格段に増えていきます。そのような時に自分の出費が予想以上にかさんだり、また失業やリストラ等で収入を無くす事は大変な事態を招く事となります。普段から堅実な生活を楽しんでいく事は家庭や子供を持つ方にとっては当然ですが、万が一が起きた時は速やかに専門家に相談を行っていきましょう。多くの専門家の意見を参考にしながらインターネット等で、補足的知識を学んでいきながら自分にとってベストな専門家を選ぶべきです。費用等でも事務所によって大きな開きがあります。場合によっては公的機関が不定期に開いている法テラス等を使う事で大変素敵な楽しみを得る事ができます。普段からの堅実な生活を楽しんでいく事を大切にしていく事は当然ですが、人生においてはやんごとなき事態等はいくらでも存在します。その中でいかに可能な限り堅実な生活を送っていくかは大変重要な事です。是非、普段の自分らしい生活や明るい家族を取り戻す為に金銭に関する問題は早めに解決しましょう。早期の解決は大変重要な事です。自己破産にしろ個人再生にしろやはり安心して信頼できる専門家に相談を行っていく事が大変重要な事となります。時には免責が降りるまで大変長期間い渡る事も多くなるのが特徴です。そのような時に自分の事や金銭的な問題に関してきちんと親身にあって精神的な部分までフォローやケアを行ってくれる方に相談を行っていくべきです。いかに自分らしい生活を楽しんでいくかは大変重要な問題です。何故、そうなったかを真剣に分析をしていきましょう。

借金を返しきれなくなったら債務整理に頼ろう

借金をしても返済できるようであれば問題はありません。

しかし、自分では支払えると思って借りたお金を返せなくなったら借金は膨らむばかりです。

借金が払えないとなってしまったら、悩んでいても解決できませんから債務整理をしましょう。

一口で債務整理といっても債務整理には4つの方法があります。

債務整理と聞いてもっとも多くの方が頭に思い浮かべるのが自己破産です。

自己破産をすれば借金を帳消しにすることができますが、財産を手放さなければいけないという問題があります。

二つ目の方法は任意整理です。

 

2

任意整理をすれば借金の残高をかなり減らすことができますし財産をとられることはなく、裁判所の手続きも必要ありません。

しかし借金の額はなくなったわけではありませんし、信用情報に名前があるために7年間はカードが作れません。

三つ目の方法は民事再生です。

民事再生をすれば借金の元金を減らすことができますので、返済金が高くて返済が滞っていた方も払い続けられる返済計画をたてることができます。

しかし住宅ローンは民事再生で減額することはできません。

そして四つ目の方法は過払い金返済請求です。

サラ金などは法律で決まっている以上の金利でお金を化していることも多いです。

ですから返済金について計算してみますと、実は払いすぎていたということはよくあります。

過払い金返済請求をすれば、借金がなくなるだけでなく払いすぎていたお金が戻ってプラスになることもあります。

しかし過払い金返済請求をすることによってそのサラ金会社と取引はできなくなります。

このように債務整理にはいくつかの方法がありますが、それぞれ良い点も荒れば悪い点もあります。

初めて借金が返せなくなる事態になってしまったという方は、債務整理をすべきなのか、債務整理をするとしてもどの方法を選ぶべきかで迷ってしまいあmす。

どうしたらよいかわからない方は、まずは法律事務所で相談して専門家のアドバイスを受けましょう。

お金を借りるときに絶対に読んでおくべき借金する時に大切な心構えとは?

誰かからお金を借りるということは、その人にきちんと返さなければならないという責任を負うことでもあります。これはもちろん、金融機関からの借金でも同様です。借りたお金は期日を守って元金に利息をプラスして返さなければならないのです。
それゆえこれから実際に借金をする人は、その責任をしっかりと自覚することが肝心です。そうした心構えが十分に出来てから、借り入れを行うべきです。もし も中途半端な心構えで借り入れを実行すれば、その分、返済トラブルを起こす危険が高くなってしまうと考えるべきです。実際、金融事故を起こしてしまった人 の多くは、事前の心構えが不十分だったと言われています。
ところで借金というものは、十分に余裕を持って返せる金額だけを借りるのが基本です。無理にそれ以上借りてしまうと、たとえ借りられても返済に苦しむだけです。だから多額の借金を背負ってはいけないのです。しかし現実的に考えると、そうとばかりも言ってはいられません。
人生、時には限界ギリギリの金額の借金をしなければならないようなこともあるでしょう。たとえば、「返済は苦しいけど、借りなければ店が倒産してしまう」というようなケースです。そんな時には意を決して借りることになるでしょう。
そんなギリギリの借金を背負う時には、是非、以下の心構えを持つべきです。それは、「気をしっかり持って返済の覚悟を固める」ということです。そして借り た後の返済においても、「気をしっかり持ってコツコツ返す覚悟を持ち続ける」のです。このように「気をしっかり持って」ということが、実は非常に大切なポ イントなのです。
なぜなら限界ギリギリの返済は多かれ少なかれ、その人の心を不安定にさせてしまうからです。すると「返済ノイローゼ」や「返済うつ」のような状態に陥る危 険が出てくるのです。もしも苦しい返済中にうつやノイローゼなど発症してしまったら大変です。最悪、金融事故確定となってしまいます。ですから、「完済の その日まで気をしっかり持つ」という心構えをしてから借金に臨みましょう。

借金に苦しんでいる人は、債務整理を本気で考えよう

多額の借金を抱え、毎日支払のことばかり考えてしまい、仕事やプライベートなど毎日の生活に支障が出ている人も少なくありません。支払が遅れ、催促 の電話を受けるようになると、精神的にも弱ってしまい、正常な思考を保つことが困難になる場合もあるでしょう。そういう事態に陥っている場合は、少しでも 早いうちに債務整理することを決意し、弁護士や司法書士など専門家に相談することが必要です。

多くの人にとって、専門家に相談しに行くこと は敷居が高く感じるでしょう。債務整理するということに対して後ろめたい気持ちとどうなってしまうんだろう、という不安感を持ってしまい、相談に行くこと をためらってしまいます。しかし、債務整理は決して後ろめたい方法ではありません。様々な事情から借金苦に陥ってしまった現状を解決するためにいくつかの 方法があるので、心を決めて、相談しに行くことをおすすめします。借金のことばかり考えての生活は近い将来必ず破たんを迎えますし、家庭や人間関係さえも 壊してしまうことになるでしょう。そうなる前に行動を起こし、健全な日常生活を取り戻すよう頑張ってみましょう。

債務整理というと自己破産 が一番知られた方法ですが、実は他にも個人再生や任意整理などの方法もあります。特に持ち家だけは残したい、と考えて債務整理をためらっている人には個人 再生が適しています。債務額を圧縮してもらい、3年もしくは5年かけて残額を返済していくのですが、この場合、マイホームを残すことができるのです。住宅 ローンと圧縮された借金の返済を行い、尚且つ生活していけるだけの経済力が必要となりますが、家を残したい場合は検討してみると良いでしょう。任意整理の 場合は債務先と話し合い、元金だけを返済していく方法で、裁判所を通しません。自分にはどの債務整理があっているか、専門家と相談しながら、解決していき ましょう。また、専門家に依頼し、受任された時点で借金の催促は一旦とまることになるので、借金の取り立てに苦しんでいる人は、一日でも早く相談しにいく と良いでしょう。まずは当サイト、借金解決サイト借金アディオス|人生を再スタートする為にを読んで知識を入れてみてください。

自己破産をした場合、連帯保証人はどうなるのか?

借金の支払いが事実上、不可能になった時に選択肢として自己破産があります。
テレビなどでもよく見かけると思いますが、意外にこうした選択をしている人は多いのです。
むしろ、自己破産者は増えていると言って良いでしょう。
これを申請して認められれば、債務が免除されることになります。
言い方は悪いかもしれませんが、これは結局のところ、借金の踏み倒しということになります。
ですから、あまり勧められる方法ではありませんが、債務超過に陥ってしまえばやむを得ないでしょう。
ですが、この自己破産は債務が消滅するというわけではありません。
もし、その債務に対して連帯保証人がいれば、今度はそちらに返済義務が生じるのです。
通常、連帯保証人になっているのは、家族、親族、友人など、非常に親しい間柄の人だと思います。
そうした人に借金返済の義務をかぶせることになるわけです。
ですから、連帯保証人がいる場合はそうした覚悟もいりますし、連帯保証人に対してその旨をきちんと説明することも必要でしょう。
連帯保証人の側から言うと、自分が借りたわけでもないお金の返済を迫られるわけですから、堪ったものではありません。
しかし、連帯保証人になると言うのはそういうことなのです。

当サイト、借金アディオスでも詳しく説明をしているので参考にしてみてください。
もし、連帯保証人も払えないとなれば、連帯保証人も自己破産せざるを得ないかもしれません。
実際、そうやって連鎖的に自己破産すると言うケースもあります。
友人の場合だと、友人の生活をめちゃくちゃにすることになります。
だから、そうならないように無理のない借金でないといけないわけですが、もう自己破産しかなくなった状況では今さら何を言ってもダメでしょう。
ただ、友人が支払いを続けるなら、道義的責任として、そのお金を返すことは必要です。
もちろん、これは法的義務ではない、人間としての責任となります。
いずれにしても、自己破産は多くの人に迷惑をかけるものですから、その旨をきちんと自覚しておくことが必要です。

こんな借金をしてはいけない!お金の特徴とは?

長い人生、様々な理由によって、時にはお金に困ってしまうようなこともあるでしょう。そんな時には、あまり望まないことだけれども借金をせざるを得なくなることもあるものです。しかし、そんな借金にも二種類あります。してもいい借金と、してはいけない借金の二つです。
していいか、してはいけないか、借金の運命の分かれ道とは、自分の返済能力にかかっています。その借金が返済能力の範囲内であれば、してもいい借金である と言えるでしょう。しかし返済能力を超えてしまうのなら、絶対に借金してはいけません。なぜなら、そんな借金は借りても返せなくなってしまうに決まってい るからです。
しかし、「自己の返済能力を超える借金をしてはいけない」ということは、今更言うまでもないほど当たり前の常識です。いちいち誰かに言われなくても、みん な知っていることです。そんな常識をこの場で敢えて強調するのは、実は、そこに見落としやすい大きな落とし穴があるからです。
その落とし穴こそが、「自分で自己の返済能力を正しく把握することは意外に困難である」ということなのです。たとえば本当は50万円くらいの返済能力しか 持っていない人でも、「100万円くらいならば大丈夫だろう。何とか返済できるに違いない」と甘く考えてしまうのです。

借金解決サイト借金アディオス|人生を再スタートする為にではこの点も深く追求しています。
しかし、「何とか返済できる」では駄目なのです。そもそも事前の返済計画というものは、「何とか」ではいけません。そうではなく、「余裕を持って返済でき る」であってこそ、本当の返済計画と言えるのです。このポイントをしっかりと押さえていないと、自己の返済能力を超えた借金を背負ってしまうことになるの です。
人生、明日は何が起こるか分かりません。予想外の出費が嵩んで金欠に陥ることは幾らでも考えられます。そんなピンチの時でも、返済約定日には十分な口座残 高がなければならないのです。そのためには、常日頃から余裕のある返済をしていなければならない、ということなのです。とにかく借金とは、借りるのは簡単 でも返すのは難しいのです。

借金は銀行や消費者金融が儲かるようにできてる!少しでも早い完済を

借金というものは、まずは、完済を目指して努力するべきです。そして、少しずつ返済していくのではなく、少しでも早く完済できるように努めるべきです。返 済期間が長くなればなるほど、利息はかさみます。そして、支払い総額も多くなってしまいます。そんなことから、返済期間は少なくなるようにするべきなので す。
たとえば、ボーナスなどで臨時収入があった時は、返済のペースを早くできるチャンスだといえます。こういった機会を利用して、まとまった金額を返済するよ うにすれば、完済が目に見えてきます。そして、利息も少なくなります。また、毎月、一定金額を返済に充てている人は、その金額をもう少し増やすことができ るかどうか、考えてみるといいでしょう。1万円とか2万円とかいった金額ならば、ちょっとした節約などを取り入れれば、捻出できるかもしれません。これが 1年間続けば、返済期間も短縮されるのです。
借金の返済をおこなっている間は、とにかく早く返済するのだという気持ちが大切です。この期間に、高額なものを欲しくなったり、クレジットカードでリボ払 いをおこなったりしてしまっては、それまでの努力が水の泡になってしまいます。自分は借金を返済中なのだということをきちんと理解しておくべきでしょう。
そして、めでたく完済を達成できたならば、2度と借金をしないようにしたいものです。そのためには、欲しいものはお金を貯めてから買うことを習慣にすると いいでしょう。お金がないのでクレジットカードで買い物してしまうとか、安易にリボ払いをおこなってしまうというのはよくありません。こういったことが きっかけで、再び借金をしてしまうこともあるのです。
車のような高額なものであっても、ローンを組むことなく購入する人も多いのです。その反対に、ローンを組みながら車を購入する人もいます。ローンというも のは、必ず利息を伴います。そして、現金一括払いよりも多くの金額を支払うことになるのです。こういったことも理解しておくべきでしょう。